審査について


スケジュール障害年金の請求は、様々な要件をすべて満たしていることが大前提となりますが、受給できる資格が発生するのは、初診日より1年6か月後の障害認定日と定められた日からになります。この障害認定日を過ぎていなければ、どんなに苦しい日々をおくる方であっても、請求することはできません。

ちなみに、国民年金に加入している方が請求する障害基礎年金には、1級2級の2種類しかありませんが、会社員等が加入している障害厚生年金には、1級2級だけでなく、3級まで請求できるようになっております。このことから、障害厚生年金の審査は厳しく、請求から受理されるまでの期間に関しても、障害基礎年金よりも、1か月から2か月程長くかかる場合があり、3か月から6か月ほどの時間が必要になると言われております。

審査が終わると、日本年金機構から、年金証書、もしくは、不支給通知書が郵送されてきます。不支給通知書には、不支給となった理由が書かれている不支給決定通知書が同封されており、請求者にその理由が分かるようになっております。決定に不服がある場合は、審査請求として、不服の申し立てを行うことができますが、申し立てを行うには、期限がありますので、期限内に提出しなければなりません。