年金額について


金額日本年金機構によれば、年金額は、障害1級の場合は779,300円に1.25をかけたもの、お子さまがいらっしゃる方は、その金額に、お子さまの分を加算した金額になり、障害2級の場合には779,300円に、お子さまの分を加算した金額になります。ちなみに、お子さまの加算額は、第1子、第2子の場合は各224,300円、第3子以降はそれぞれ74,800円が加算されることになります。

ですが、すべてのお子さまが加算対象ではありません。加算の対象となるのは、18歳に到達する年度の末日を経過していないお子さまに限られており、到達年度の末日である3月31日に18歳を過ぎている場合には、加算の対象にはなりません。

障害年金の請求は、あなたが今お住いの住所地のある市区町村役場に出向き、手続きを行います。但し、初診日に、国民年金第3号被保険者の方が請求される場合には、お住いの近くにある年金事務所になりますので、ご注意ください。ちなみに、国民年金第3号被保険者とは、ご主人さまが厚生年金保険に加入する会社員、または、共済組合に加入する公務員等である第2号被保険者に扶養されている配偶者のことを言います。この場合の配偶者は、20歳以上60歳未満の方が対象となっております。自営業の方、学生の方々は国民年金第1号被保険者になります。